最近の記事

2017年07月26日

機械設計エンジニアと不妊治療について

今年に入り我が家に子どもが出来ました!第一子です!(^ ^)

もう少しで出産と言うところまで来ました!

正直私も妻も二人だけ(あと犬たち)で十分幸せなんで、子どもなんて必要ないって思っていたんですが、歳をとると変わるんですね。
なんか欲しくなりました。。。(^ ^;)

年齢上、どうしても周りで出産が増えるんで、それにあてられたのもありますが。。。

で、子どもが欲しいと思い妊活を始めたのですが、これがまた。。。
私も妻もちょっと子どもが作りにくい体質(と、言うより健康状態と言った方が良いんですかね?)だったので、不妊治療をしていました。

その結果として、この度子どもが出来た訳です!

いや、本当に割と簡単にできて良かったです。
もちろん苦労も多かったですが、本当に苦労している方々からしたら、私たちはラクした方です。

頑張ってくれた妻、お世話になった不妊治療の先生に感謝です。

ところで不妊治療中こんな話を聞きました↓
「パソコンや電子レンジから出る電磁波は不妊の原因になるので、浴びない方がいい。」

んん??それはつまりパソコン使うなってことですか?
そんなの、仕事でずっとパソコン使って作業している私たちエンジニアにはどうしようもない話でしょ?

そんなことを思ったら、気になったので調べてみました。
合わせて不妊だった特定派遣の機械設計エンジニアである私がどんな妊活してたか紹介します。


そもそも不妊症とは?


正直今まで不妊症について考えることもなく、自分が不妊症かどうか思うこともありませんでした。

不妊症は「こんな症状があれば不妊症」とか、「検査の結果がこうだから不妊症」と言う形で定義されていません。
不妊症は「妊娠を希望し、1年間性生活を行っているにもかかわらず妊娠の成立をみない場合」と定義されています。

何が理由であれ、お互いの健康状態になんの異常がなくても、上記定義に当てはまれば不妊症になります。
これを聞いた時、「あ〜。だったらうちは不妊症だ」と理解しました(^ ^;)


不妊症の原因は?その要因は?


不妊症の原因は色々とあります。
女性側の原因としては主に卵巣機能不全や子宮内膜症、男性側は無精子症や精交障害などになります。

不妊についてより詳しく書かれているホームページを見つけました。参考にどうぞ。
一般社団法人日本生殖医学会 不妊症Q&A

ちなみに私は精液中の精子数や運動率が悪くなっている精液性状低下でした。まだ全然軽度の方でしたので、色々とやったらなんとか普通レベルには持っていけました(その内容は後述します。)

妻も重度ではないですが、不妊の原因を持っていたので、夫婦共に不妊の原因を持っていたことになります。
そりゃ、不妊になりますよね(^ ^;)

不妊を引き起こす要因は先天性のものだけと思われがちです(正直、私も不妊治療始めるまでそう思っていました)。
しかし、先天性のものだけでなく、私たちの日常にもその要因が多くあります。

偏った食生活や日常のストレス、不規則な生活など特定派遣の機械設計エンジニアとして働く私だけでなく、この日本社会で働く方々は思い当たることが多々あると思います。

そしてこれらの他にも不妊の要因になる私たちの身近なもの。それが電磁波です。


電磁波と不妊症


電磁波・・・と、いきなり言われてもピンと来ない方もいると思います。
ですが、この電磁波。目に見えていないだけで、私たちの周りに確実にいます。

例えば電子レンジ。温めをしている時に電磁波を発しています。
それだけでなく、私たちが仕事で使うパソコンや、常日頃持ち歩くスマートフォンからも電磁波は発せられています。

つまり、私たちは常に電磁波に晒されながら生活していることになります。

これが最近不妊に悩む方が増えてきている原因の一つらしいです。

電磁波は不妊だけでなく、私たちや生まれる赤ちゃんの体調にまで影響を与えるとても危険なものです。
私たちが普段使っている機器が、どれほど体に影響ある電磁波を出しているのか分かりませんが、注意は必要でしょう。

規則正しい生活や栄養ある食事をとること。電磁波からは可能な限り距離を取ること。

それが妊活を始める上での大事な一歩のようです。


が、それって難しい!
少なくとも機械設計エンジニアとして日々パソコンと向き合いながら仕事する私には不可能です(><)


エンジニアと不妊の関係


こんな記事を見つけました↓
ITエンジニアは射精障害になりやすい職業、ある診療所の患者の52%がITエンジニア

仕事中パソコンと向き合うことが多いITエンジニアは不妊になりやすいと書かれています。

やっぱり電磁波が不妊の原因になるのは間違いないようです。

つまり。。。
私はITエンジニアではなく、機械設計エンジニアとして働く特定派遣ですが、そんな私もずっとパソコンに向き合っているので、不妊になりやすい。と言うことになります…

機械設計エンジニアが不妊になりやすいと言う記事は見つけれませんでしたが、理屈で言うとそうなります。

電磁波恐るべしです。(・_・;)

エンジニアに限らず、仕事中パソコンをずっと使う仕事の人は、不妊になる可能性があるので注意が必要です!

私が思うに、ITエンジニアは仕事で普通よりハイスペックなパソコンを使うから(ですよね?)、そのためより電磁波の影響を受けやすい、と言うことではないでしょうか?
その考えでいけば、解析をするエンジニア、3D-CADを使ってモデルを作るエンジニアもハイスペックなパソコンを使うので、注意が必要なんでしょう。

とにもかくにも、仕事で仕方ないとは言え電磁波は不妊症になりやすい、妊活の上では大きな障害と言うことです。


ある特定派遣エンジニアの妊活


さて。。。私の不妊症の原因はどうやら仕事のパソコンから出る電磁波に原因があるらしい。

と、言うことでここは妊活のために機械設計エンジニアの特定派遣を辞めて、別の仕事をしましょうか!

なんてことにはなりません。できません。食ってけません(^ ^;)


とは言え、妻が自身の不妊症を治そうと頑張っている中、私が何もしない訳にはいけません。
私も機械設計エンジニアを続けたまま、その範囲で自分の不妊症対策を始めました!
(本記事では男性機械設計エンジニアの妊活内容を記載します。女性は申し訳ございませんが、私にはわかりませんので、ご了承下さい。)


(1)長湯と自転車に乗ることを少なくする
男性不妊では何せ股間を温めるのがダメらしいです。
色々と諸説ありますが、お風呂に長いことつかるのも不妊に良くないとのことなので止めました。
ただ、一方で長湯は別に不妊に問題ないと言う真逆の話もあるので、効果があるかは疑問です。
とりあえず「できることは何でもやっておこう」精神でやってみました。
また自転車に長いこと乗るのも不妊に良くないらしいので、止めました。
(自転車に乗ると股間に熱がこもりやすいようです。)
私は通勤で自転車に乗るので、途中で降りるとか30分以内に目的地に着くようにするとか、とにかく30分以上乗り続けないようにしました。


(2)アルコールを必要以上に飲まない
お酒を止めました。
これは妻も妊活で止めたからそれに合わせてと言う面もあるのですが、男性不妊にも良くないらしいので。
それまでは毎日飲んでいたのに、意外と簡単に止めれるものです。
今ではむしろ飲んで酔っ払うのがめんどくさくなりました(^ ^;)
ちなみにタバコは元から吸ってません。


(3)電磁波から距離をとる
と、言っても先に書いている通り機械設計エンジニアの特定派遣として働く私は毎日仕事でパソコンを使うので、パソコンから身を離すなんて出来ません。

その中で出来ることとして、
・ノートパソコンを膝の上に乗せない
・スマホをズボンのポケットに入れない
・電子レンジが動いてる時は離れる

など、可能な限りで距離を取るようにしました。


(4)サプリで栄養補給
男性不妊では亜鉛がいいとのこと。
私みたいに精子に元気がない人は、亜鉛で改善されるようです。

例えばこれです。


と、言いましても私はこれは飲んでいません。
そこまでお金に余裕ありませんでした。。。(^_^;)

けれど亜鉛を取っていたのは事実です!
私が飲んでいたのは、本当に亜鉛だけ取るサプリでしたが、こちらは亜鉛の他にもいい成分が入ってます!
細胞内のエネルギー工場であるミトコンドリアに必要なビタミン様物質の還元型コエンザイムQ10。大豆由来のソイポリア。元気アップの代表格、有機マカ。
男性不妊には良い物ばかりです!私も取りたかったですが、お金の話もあり亜鉛だけに絞りました。。。

ただしその結果として、精子の質は良くなったので亜鉛だけでも取ってて効果はあったんだと思います。
このサプリなら尚効果ありなんでしょう。。。

あと、他にもこんなものがあります。
ミトコンドリアを補給するためのサプリです。


不妊症の原因についてははっきりしない所がありますが、ミトコンドリアの質の低下も一つの要因と考えられています。

実際私も妻もミトコンドリアのサプリを取っていました。
それも安物ですが。。。(^_^;)


あと、男性不妊で問題になるのはEDです。
恥ずかしい話ですが、実際私もEDぎみでした。。。

そうなってくると大事になるのが精力剤です!
例えばこれ!


精力剤は怪しげな商品が多いですが、このビゴーレは成分をしっかり表記してくれてるので安心です( ̄▽ ̄)

男性不妊でEDは本当に大きな問題です。
ネットで安く薬を仕入れることも出来ますが、粗悪品が多いです。決して値段だけで買うべきではないです。

ビゴーレのように高価だけど安心できる商品、またはちゃんとした専門医から処方してもらうなどしてもらって下さい。
私はお医者さんに処方してもらいました(^^)
高かったです。。。(^_^;




実際出来なかった私が言うのも何ですが、ことがことなんでお金は出し惜しみしない方がいいと思います。

私は今回不妊治療に良いと思えるものを紹介しました。

今の世の中ネットを検索すれば、不妊に効果あるサプリはいくらでも出てきます。
実際私もサプリ関係は楽天市場にとてもお世話になりました(。-∀-)
私が紹介したサプリを使うのも当然いいですが、値段に振り回されず自分に合うサプリを見つけるべきと思います。

ただ不妊治療も生活が成り立ってこそできるもの。
ちゃんと家計から捻出できる範囲で収めてください。(^_^;)


ちなみにサプリから話は逸れますが、不妊治療をするためには自分の精液検査は必須です!


妊活しようにも自分の現状分からなければ話になりません。
不妊の原因は女性だけでなく、男性にもあることが多いです。
自分は大丈夫と言う根拠の無い自信を持たず、まずは検査をすることが不妊治療の第一歩と認識して下さい。


機械設計エンジニアの私が妊活を終え


今回は電磁波が不妊に影響すると言う話から、私は機械設計エンジニアとして働いているのが不妊の原因みたいに書きましたが、実際のところわかりません。

不妊の原因がストレスだったり生活習慣にあったのではとも思います。

だから機械設計エンジニアだと絶対に不妊になるという訳ではありません。
実際、私の周りは普通にお子さん出来てますし。。。

妊活中にも分かりましたが、仕事に限らずちゃんと健康的な生活を送るよう、必要な栄養を取るように注意してれば、不妊は改善されます。

機械設計エンジニアに限らず働いている場合、ストレスや寝不足などで健康的な生活は送れないことが多いですが、そこは不妊改善のため夫婦で頑張っていくしかありません。

ちなみに、色々と世間の話を聞いたり、今回の経験をして思ったんですが、不妊治療において男性にできることは女性に比べれば少ないものです。

私みたいに自身の精子に異常があれば別ですが、なければ不妊治療中男性は何もする必要ないです。

酒も飲んでいいし、タバコも吸っていいです。
遊び回っても大丈夫です。

不妊治療のメインプレーヤーは女性なので、女性が体に気を付け、女性だけが病院に通い治療してもらえば、不妊治療として成り立ちます。

男性はそんな女性に対し、不妊治療をほんの少し手伝うだってあげるだけでいいです。



んなわけないですから!!!(゚皿゚#)
話を聞いていると、先に書いたようなスタンスの男性の話を耳にすることがあります。
ただし、それは大きな間違いです!

妻の子どもであると同時に自分の子どもでもあるんですから、そんな他人事みたいなスタンスで妊活するのは絶対にいけません。
不妊治療は妻がやってる他人事ではなく、妻と自分の二人でやる自分事です。

不妊治療中妻が頑張っているのを側でずっと見てました。
その横で男の私が出来ることというのは、妻に比べれば大したことないです。
負担も圧倒的に女性の方が重いです。

そんな女性の大変さを他人事と思って接するのではなく、自分事と考え支えていくのが男性不妊治療の基本ではないかと考えます。

もし、そのような間違った考えで不妊治療をされているのでしたら、すぐに考えを改めましょう。

今回、不妊治療を頑張ってくれた妻、助けてくれた病院の方々など多くの人のお世話になりました。
本当にありがとうございます。

今回の記事が少しでも不妊治療で頑張っている方々の参考になればと思います。
posted by どすこい三太夫 at 06:37| Comment(2) | TrackBack(0) | ある特定派遣エンジニアの妊活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どすこい三太夫様

お久しぶりです。
なにげなくブログを覗いてみたら、驚きの報告が…
おめでとうございます!
もうすぐご出産なのでしょうか?

不妊治療に関して周りから聞く話は、
やはりメンタル面と金銭面の辛さの事。

どすこい三太夫さんは割とすぐに、って
おっしゃっていますけど、
ちゃんと検査をして、対策を立てて、
それをきちんと実行した結果ですよ。

本当に良かったですね。
生まれたらまたブログでご報告くださいね。

そして、( *´艸`)
こっちの世界にいらっしゃいませ〜
こっちの世界とは、
子どもの様子が気になってしょうがない
親の世界の事ですわよ〜

ところで、

息子は、まだ辞めずに働いていますよ〜。
結局ネクタイなしでOKだけど、スーツで通勤と
言われたらしいです。

仕事内容は「理系じゃなくても、だれでもできる仕事だよ」
と言っています。
新人だしそんなもんですかね〜?
それとも、派遣には重要な仕事は任されないって事なんでしょうか?
どすこい三太夫さんの周りではいかがですか?
Posted by ひまわりの種 at 2017年07月26日 15:15
⇒ひまわりの種さん

お久しぶりです!
コメントありがとうございます!

返信遅くなって申し訳ございません。

メンタル面と金銭面は確かに辛かったです。。。(^_^;)

もうすでに楽しみような、不安なような、色々入り交じった気分で日々過ごしています。
これが親になるってことなんですね〜。

息子さん頑張っているんですね。安心しました!

仕事の内容は派遣先に依りますね。

誰でもできる雑用仕事をやらされるだけのとこもありますし、設計らしく図面や計算書作ったり、更には客先対応や出張に行かされることもあります。

ちなみに私は雑用仕事をさせられる方の職場です。私の先輩社員はずっと関係者からの回答をまとめるだけの仕事をしています。(^_^;)

ですが、その中でも頑張って仕事をすれば、色々と任されるようになりますよ(^^)

私も回答集約から始まり、3年経った今では関係者との技術的な協議や検討、その資料化や更には客先対応や後輩への技術指導など色々とやらされています。。。
他課の人から直接問合せが来ることも多くなりました!

そもそも技術系の仕事は時間さえかければある程度誰でもできるようになる仕事ばかりです。それは派遣に限った話ではありません。
初めの内は尚更そんなものです。

それでも今は腐らず、地道にコツコツ、丁寧に仕事をこなすのが大事だと思いますよ。そうすれば、自然と任される仕事の質も高くなりますし、技術的な知識も学んでいきます。

理想は雑用能力を磨きまくって書類仕事などを迅速かつ確実に終わらし、技術的な検討に時間をかけれるようになることです!

1年以上やっても雑用仕事しか任されないような職場ならその時は異動を考えてもいいと思いますが、それまでは我慢です!
Posted by どすこい三太夫 at 2017年07月28日 00:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック